インタビュー

地域で孤立する子どもの「声なき声」を受け止める(前編) ー子どもたちが社会からこぼれ落ちる構造とは?ー


虐待、非行、貧困など・・・子どもたちを取り巻くこのような問題の背景には「地域からの孤立」があります。このような問題の構造と解決方法について、現場で子どもたちの支援にかかわるNPO法人PIECESの荒井佑介さんにお話を伺いました。

話し手:NPO法人PIECES副代表 荒井佑介さん
聞き手:NPO法人OVA 伊藤次郎

プロフィール
ホームレス支援からはじまり、6年前に子どもの貧困に関わり始め、中学3年生の学習支援を皮切りに子どもの支援に力をいれる。子ども達に勉強を教えていく中で、彼らの抱える複合的な課題を学習支援だけでは解決できないと感じ、東京都内で居場所支援・家庭訪問・生活相談・進路支援・就労支援と子どものニーズにそって幅広く活動を広げる。2016年にNPO法人PIECESを立ち上げ、副代表に就任。出会った子にニーズに応じて、多様な大人の協力を募り、オーダーメイドの支援を展開している。

PIECESとは?
2015年より活動開始。
主に子ども達の伴走者の育成を実施しながら子ども達の居場所作りも行なっています。現在、38名の伴走者の育成を行い、豊島区と足立区で約230名の子どもと若者に関わっています。伴走者以外に約300名の協力者を巻き込み子ども達に支援を提供しています。
http://www.pieces.tokyo/

このインタビューはNPO法人OVAが行う「声なき声」プロジェクトの調査の一部を記事にしたものです。

きっかけはホームレス支援。「話し相手」の必要性を感じた

ーーまず、荒井さんがPIECESでの活動を始める前のことを教えてもらえますか?

荒井:僕はもともと18歳の大学1年生のとき、ホームレス支援をしていました。ある日偶然、新宿駅でホームレスをしていたおじさんが体調悪そうだったので、話しかけたことがきっかけでした。「俺はホームレスなんだ」からはじまり2~3時間そこから話が繰り広げられて、次の週も来てほしいと言われたのでまた行って、と繰り返して。気づけばおじさんの話し相手になっていました。

普段の生活についてや、どうやってご飯を食べているのか、どこのお店が優しい対応をしてくれるかなど、おじさんの話は大学生として生活しているとけっして出会わないような世界。単純に聞いていて面白かったです。

おじさんは話をする人がいないと頻繁に口にしていたのですが、確かに会うと何時間も話が止まらないんですよね。それで「この人たちには“話し相手”が必要なのではないか」と思うようになりました。

ーーただ話を聞くことの必要性を感じていたのですね。そこからどのように子どもの支援へとつながっていったのですか?

荒井:ホームレス支援に興味を持ち始めて、ホームレスの方が雑誌の路上販売を行う「THE BIG ISSUE」でインターンとして活動をするようになりました。そこで若者のホームレスの話を聞くと、幼少期から家庭が貧困状態であったり、虐待を受けていたり、親がうつ病や障害などを抱えていることが多いとわかりました。

そんなときに知人が、子どもの貧困の連鎖を断ち切るために学習支援を始めることになり、僕も参加することになったんです。そこから子どもの支援に関わるようになり、PIECESの立ち上げにもつながりました。

支援からこぼれ落ちてしまう「孤立する子どもたち」

ーーPIECESの立ち上げは2016年ですよね。団体の中ではどういった課題に取り組んでいますか? 

荒井:貧困や虐待など困難を抱える子どもたちが孤立しない状態をつくるために、支え手の人材育成に取り組んでいます。どうしても行政など既存の支援からこぼれ落ちてしまう子どもたちに、なんらかの支援が必要だと考え、そのためのしくみを地域の中でつくっていこうとしています。

ーー支援が必要にもかかわらずこぼれ落ちてしまう理由はなんでしょう?

荒井:孤立してしまっていることが大きな要因としてあるのではないかと思っています。
困りごとは抱えているけど、周りに相談できる人がいないこと、支援や場はあるが、そこまで連れていく人、案内する人がいないことなど様々あると思います。
そもそも制度や地域の支えがまだまだ不足していることもあります。

例えば、私たちがいま力を入れている高校生年代の支援はまさに、行政の支援も地域の支えも不足している領域です。特に18歳以上の若者の受け入れの相談が増えてきています。
児童養護施設や子ども家庭支援センターなど、子どもが18歳になった時点で終了してしまう支援機関が多いため、相談窓口がないんですよね。
あとは、そもそも行政の支援をあまり利用しない子どもも多いと思います。

ーー困っている子どもが行政に頼れないという現状。ここには様々な理由がありそうです。

荒井:一つは、公のものに対する抵抗感があるのではないかと思います。特に非行少年達は親や学校、行政の取り組みとの相性が良くないことが多いです。少しでも指導的であったり、支援のにおいがしたりすると離れてしまう子どもたちがいるんですよね。

ーー非行とはどんな行動を指していますか?

荒井:万引き、深夜徘徊、喫煙、飲酒などでしょうか。彼らの中には虐待を受けた経験がある子どもや、「お前なんかろくでもない」といったことばを浴びて育った子どももいます。背景には「関心を向けてくれる人がいない」「味方がいない」ということも多く、そこには「さびしさ」のようなものがあるように思います。

さらに学校でも勉強や先生との関係がうまくいかないとなった場合、そこには非行など「悪いことをしている」ことで注目を浴び、それにより“承認”を実感するという価値観が存在してしまう。もちろんこの価値観は、社会から隔離された子どもたちの世界でのみ通用するものなので、孤立を助長してしまうのです。

非行に走る子どもは「声なき声」をあげている

ーー孤立している子どもが独自のコミュニティを形成し、一緒になって非行に走る、そこでさらに孤立化が進むという連鎖が起こっているのですね。

荒井:彼らは支援が必要な子どもであるにもかかわらず、社会からはそう認知されてることは多くありません。非行や犯罪など「悪いこと」をしているため、支援が必要な対象だと気づいてもらえないことが多いのです。でも実際は、「助けて」と声をあげることのできていない子どもの一人なんですよね。問題行動にのみ目を向けるのではなく、背景を理解しようとすることは、そうした子ども達に関わる者として大切なことだと思っています。

ーー非行をしている彼らも、まさに「声なき声」をあげている当事者ということですね。荒井さんは彼らに「何かあったら助けてと言ってね」と、言葉にして伝えているのですか?

荒井:僕の場合は特に伝えることはせず、待っていることが多いです。信頼関係さえあれば、彼らの方から相談をしてくれることも多いように思います。僕も以前そうでしたが、支援者からみると「助けを”出せない”のではないか?」と思いがちです。でも実際彼らは、味方にはきちんとSOSを出している。ただその相手が、同じコミュニティで一緒に非行を繰り返す先輩だったりして、支援者ではないのが現状です。だから、信頼に値する人になればいいのではないかと僕は思っています。

私たち一人一人の役割は違っていい

ーー子どもたちと信頼を育むためには先ほども話していたとおり、子どもたちの行動の“背景”を理解する必要があるようにも思います。荒井さんは非行を繰り返す子どもたちに、怒りを向けるのではない対応をしていらっしゃるんですよね?

荒井:はい。「なぜやったのか」の背景を考えるようにはしています。まずは「反射的に怒る」ことをやめて、一旦考える。関心を向けてあげることが大事だと思っています。

とはいえ、怒ってくれる人の存在も必要なんです。そこはそれぞれ“役割”があって。ただ、怒ってくれる人しかいない状況は問題だと思います。
例えば、地域のおばちゃんに“怒り役”になってもらったことがありました。僕はそのときは子どもたちに対して怒ったりはしないで、ひたすら彼らの話を聞いて、信頼を育む役割でした。もちろん、子どもたちがおばちゃんに怒られるときは一緒に子どもたちの側で怒られていました(笑)。

ーー「怒る」ことの大切さと同時に、怒り方にも様々な方法がありそうです。

荒井:そうなんです。怒り方にも、そのひと自身に関心を向けた上での注意と、ただ怒ってやめさせたいだけのことがあります。「どんないきさつがあったのだろう」「この子はどんな子なのだろう」といった「関心が向けられている」事実は子どもにとってとても大切ですよね。

ーー「関心が向けられる」ことによって子どもたちには変化が生まれていくと思いますか?

荒井:「おまえは悪いやつだ」と言われ続けてしまったら、その言葉を受けてだんだんと「自分は悪いやつなんだ」と思い込み、行動が加速していってしまうように思います。寂しさを感じているから孤立する、承認を得たいがための問題行動を起こす、それにより社会から「悪者」のレッテルを張られ、さらに孤立が進むというループに陥ってしまう。それをストップさせたいと思っています。

(後編は2月15日に公開されます。)

声なき声プロジェクトを支援する


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA